積乱雲

    (*・д・)ノ ゴレンジャー始動!
2017 08 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - - -
米麺 セラフスローカフェ IN 上越
米麺三部作、二店目。

セラフスローカフェ、
【和風わさびクリーム米麺】へいざ出陣餅w

また、
詳しい料理の画像とかは、
料理研究家 井部真理氏のブログでも取り上げられているので、
そちらをどーぞ。



今回は、前回の
(【トマトとバルサミコの米麺〜サラダ仕立て】)
と違って、温かい料理として米麺が使われている。
麺は同じものを使用。

味はわさび風味で、比較的食べやすい。

スパなので麺がもう少し長くてもいいと感じたが、
どの店でも同じ麺を使っているので、そこは大人の事情ということで。


で、
味はどうなのか、、と。





ん、、、、、、、、

72点というところか。

新しい食材ということで、
どうしても既製麺料理と比較してしまう。

だから、麺の歯ごたえがもう少しあってもいいんじゃね?
とか勝手に採点してしまうんだろうなぁ。。

嫁の感想は、
「まぁまぁかな。温かい方が(冷やし料理よりも)いいね。」
とのこと。
既に他のテーブルに運ばれるケーキの方へ、注意が行ってしまっていた。。




そういえば、この米麺特集のニュースでは、
米麺用の品種がこの秋お目見えするということだった。
だから、新米麺では、きっとその辺が改良されていて、
どの料理と相性がいいのか段々絞られてくるんだと思う。

今回のテストケースでは、あくまでマーケットの反応を見るものだと思う。
対値段も含めての。


期待を込めたブランド戦略なのか、あるいは単純にコスト計算からなのか、
今回も米麺メニューは比較的値段設定が高めにされている。

男のおいら的には、希少価値を加味しても、
値段とこの満足感では、きっと次は他の料理を注文すると思う。。


そういえば、
米麺のカロリーってどうなっているんだろうか?
俺は全く気にしてないけどね;

他のメーカーからは、
低カロリーのインスタント麺として、米麺を使ったものがあるみたいだ。

米麺がどの路線を進もうとしているのかは知らないが、
比較的女性受けがいいようなので、
低カロリー向け商品を目指すのも悪くないと感じた。



米麺はラーメンとしては、合わないのかもしれない。
ヤクルトラーメンが覇権を取れなかったように(?)
市民権を得るような麺となるには、もう一皮剥けないとならないのか。


米麺が、いつか新潟ラーメン戦争に参戦する日が来ることを願って、
ここに、筆ならぬ箸を置くとする。




次回、

米麺三部作の完結編。
「天ぷら若杉」が放つ【天ぷら米麺】

米麺の温そばということで、ここには期待している。


米麺の逆転ホームランなるか!?




徒然まるままに - comments(0) - trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - - - -
コメント
コメントする
 



この記事のトラックバックURL
http://pm3.jugem.jp/trackback/580
トラックバック
ON YOUR PC TIME

time is money
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
 
 
   since2000/03/20
RECENT COMMENT
WEATHER FORCAST




  • sachi用
  • RSS1.0
  • Atom0.3


  • playtable.jp





  • Visitor Count